IVR(自動音声応答)

自動応答ガイダンスに従い
3部門(PBX・携帯・単独電話混在)に着信を振り分ける場合

pluscommは着信リストに対し一斉鳴動が基本となりますが、アプリケーションの作り方次第でご利用者の用途にあった様々な着信パターンを作ることができます。

IVR(自動音声応答)イメージ図
着信パターン 一斉鳴動 優先型 YES/NO型
説明 登録番号へ同時に着信し、最初に応答した電話に通話が繋がる 優先順の高い電番へ着信し、話し中の場合は次の優先順の電番へ着信する 優先順の高い電番へ着信し、「YES」を返した相手と通話する
必要回線数
=同時利用数
3回線 1回線 1回線

IVR(自動音声応答)は必要項目にテキストを入れるだけで簡単に実現できます。

pluscommの管理画面は直感的に操作できる仕様になっています。応答させたい文字を入力して登録するだけでIVRのシナリオを作成することができるため、急なガイダンスフローの変更や追加なども簡単に対応できます。

※音声データを流すことも可能です。

用語説明

IVR(自動音声応答)とは

発信者側のプッシュ操作に応じて、あらかじめ録音された音声を発信者側に自動的に再生するシステムです。
「○○の方は1番を、▲▲の方は2番を押してください」といったように、要件に応じて振り分けることができます。
多くの企業やコンタクトセンターで、電話対応の業務効率化や人件費削減のために導入されています。

pluscomm(プラスコム)とは

pluscommは、CPaaS(Communications Platform as a Service)と呼ばれるクラウド型APIプラットフォームです。
シンプルなコードを書き込むだけで、通話やSMS機能を持ったアプリが開発でき、通信サービス事業を展開することができます。
通信事業者の力を借りることなく通信サービスを構築でき、取引先向け、もしくは自社内の独自の通信サービスを提供できるのです。
pluscommなら理想の通話アプリが開発できます。